IT'S Me.

育児書備忘録

子育てハッピーアドバイス2

 
前回に引き続き子育てハッピーアドバイスです。

こちらは、前回の子育てハッピーアドバイス(平成17年12月発行)よりスペースの関係で入れることができなかった内容を、Q &Aの形で収録し、新たに必要な内容を書き下ろしたものです。(平成18年4月発行)

 
 
もくじ

▪️子育てで“これだけは忘れてはならない”ということは?

▪️うちの子は、「言えば言うほど、逆効果」になってしまいます。どうしてでしょうか。

▪️子どもが宿題や、持ち物の準備など、やるべきことをやりません。

▪️おじいさん、おばあさんは、子どもにどう接したらいいのでしょう

 
 




▪️子育てで“これだけは忘れてはならない”ということは?



子育てには、いろいろな考え方があると思いますが、どんな場合でもこれだけは忘れてはいけないということは
子どもを、自分の持ち物のように思わない、ということだと思います。

子どもといっても、一人の、人格を持った人間です。

これから子どもの気持ちを尊重し子どもなりの生き方を大切にするという姿勢が生まれてくると思います。

子どもをストレスのはけ口にしない

子どもの人生を、親の自己表現のために使ったりしない

子どもの人生は子どもの人生

親の人生とは別です

それを踏まえたうえでお互い、よくよくの縁で、親子としてこの世に生まれてきたんですから、ともに支え合うことができれば、それ以上のことはないと思います。

 
 
 

▪️うちの子は、「言えば言うほど、逆効果」になってしまいます。どうしてでしょうか。



私たちが生きていくうえで、いちばん大切なことは、
『自己評価』『自己肯定感』といわれるものを持つことです。



私は存在価値があるんだ、

大切な人間なんだ、

生きていていいんだ、

という気持ちです。



この心の土台が、私たちに築かれるのが、

年齢でいうと、

だいたい0〜3歳くらいといわれています。



お母さんに抱っこされたり、

よしよししてもらったり、

だだをこねたり、

一緒に笑ったり、



そういうことを通じて、

この気持ちが育まれていくのです。



この気持ちを土台にして、次に可能になるのが、

『しつけ』『生活習慣』といわれるものです。

 
これが、身につくのが、だいたい4歳から6歳といわれています。



さらに、この自己評価、しつけを土台にして、

初めて可能になるのが、『勉強』です。

これが、だいたい7歳からです。



それまでに自己評価を育み、

しつけをある程度身に付けた子どもは、7歳くらいになると、

いろいろなものに対する好奇心が出てきます。

そういうときに、ちゃんと教えてもらうと、よく身につきます。

ですから、小学校の勉強が、6、7歳から始まるのは、理由のあることなのです。



今までの教育論とか、子育て観は、この土台になる『自己評価』は当然できているものという前提でなされていました。

ですから、そういう子どもに必要なのは、まず、『しつけ』であり、『勉強』といわれてきたのです。

また、子どもに何か問題が起きるのは、『しつけ』がなされていないから、となるわけです。



ところが、現在、いろんな気にかかる行動や症状を示す子どもを見ていると、その前提となっている『自己評価』の部分が、しっかりできていない、あるいはボロボロに傷ついている、という子どもが少なくないのです。



そういう子どもに、『しつけ』とか、『勉強』を教えようとしても、身につかないばかりか、逆に、すでに低くなっている『自己評価』をさらに下げてしまう、傷つけてしまうことになりかねません。

「言えば言うほど、逆効果」「叱れば叱るほど、悪循環」という子は、たいてい、このいちばん大切な、『自己評価』の部分が、しっかりできていないのです。

そういう子は、いったん、『しつけ』や『勉強』はおいておき、まずしっかり『自己評価』を育むことが必要です。



ですから、子育てでいちばん大切なのは、この『自己評価』をしっかり育むことです。

また、これさえ、しっかりできていれば、その後、しつけや、勉強も、それなりに、自然と身についてくるのです。



いつでも気がついたときに、やり直せば、少々時間はかかっても、必ず取り戻すことができるのです。



 
 
 

▪️子どもが宿題や、持ち物の準備など、やるべきことをやりません。



口うるさく言っても、ちっとも効果がありません。

どうしたらいいでしょうか



今後どうしていくか、これを問題所有の原則で考えてみましょう。



問題所有の原則とは?

⚫︎子どもの問題は子どもに解決させる

⚫︎子どもの問題を大人のほうに取ってしまわない



これは、本来、子どもが悩むべきことであって、親が悩むべきことではないのです。

もちろん、子どもが助けを求めてきたら、適宜サポートしていく必要はありますが、子どもが聞いてもいないのに、親があまり心配して、口出しすると、子どもは、ただでさえ悩んでいるうえに、親の心配まで解決しないといけなくなり、2倍、3倍、苦しくなります。



親は、ちゃんと親の持ち分を解決して(解決できないことも多いが)、子どもに必要以上の心配をさせない。そのかわり、子どもが悩むべきことは、子どもにちゃんと悩ませる。

そのためには、できるだけ口出しをしない、手も出さない。



子どもに任せてやると、一時は、今までやってきたことをやらなくなることもありますが、しだいに、自分でやろうとする意欲を持ち始めます。

 




 

▪️おじいさん、おばあさんは、子どもにどう接したらいいのでしょう





おじいさんにお願いしたいこと

孫ができたらガミガミ怒鳴らないようにしましょう

怒鳴らなくてもみんなおじいさんのことを尊敬していますし大切に思っています。

いつもニコニコ慕われるおじいさんになってください



おばあさんにお願いしたいこと

子ども夫婦の子育てを尊重し、基本的には、ほめてあげてください

決して悪意がなくても、おばあさんのちょっとした否定的な言葉で、母親は傷つくことがあります。

まず、じゅうぶん、嫁のがんばりを認め、ほめることです。

母親が、おばあさんに支えられて精神的に安定すれば、子どもは必ずいい子に育ちます。

 






 
今回の抜粋は以上です。

このシリーズは本当に私は好きで、育児において背中を押してくれるシリーズです。

まだシリーズが出ておりますので、また紹介していこうと思います。



👋👋

 
 
 
 

子育てハッピーアドバイス

 
 

子育てハッピーアドバイス/スクールカウンセラー、医者である明橋大二さん著書です。
 



 


   
        もくじ
▪️子どもに心配な症状が出るのは、しつけがなされていないからでも、わがままに育てたからでもない
▪️「赤ちゃんに抱きぐせをつけてはいけない」と、言う人がありますが、これは間違っています
▪️子どもを放置すると、子どもに、強い怒りが生まれます
▪️子どもの心は甘えと反抗を繰り返して大きくなる
▪️10歳までは徹底的に甘えさせる。そうすることで、子どもはいい子に育つ。
▪️「甘やかす」と「甘えさせる」は、どう違うのか
▪️叱っていい子と、いけない子がいる
▪️子どもを叱るときに、注意すること
▪️キレない子に育てるには、どういうことに気をつけたらよいのでしょうか
▪️子が宝なら、母親も宝
            ▪️

子どもに心配な症状が出るのは、しつけがなされていないからでも、わがままに育てたからでもない


今の子どもは昔に比べて悪くなる一方では決してないし、子育て状況も必ずしも悪くなる一方とは思いません。
よく言われるのは、
「ちゃんとしつけがされていない」
「わがままに育てたから」と、
今の子どもを否定的に見るような言葉です。
しかし、これは決して本当の問題ではありません。
それは一言でいうと、
「子どもの自己評価の、極端な低さ」です。
「自己評価」とは、「自己肯定感」「自尊感情」ともいいます。
「自己評価」とは、
自分は生きてる意味がある、存在価値がある、大切な存在だ、必要とされている、という感覚のことです。
これが生きていくうえで、いちばん大切です。
この安心感を持てなくなると、子どもは、心配な症状を出したり、気になる行動をとったりするようになります。
 
しつけも勉強も大事ですが、自分を肯定できる、生きてていいんだ、大切な人間なんだ、存在価値のある人間なんだ、という気持ちを、子どもの心に育てていくことが、いちばん大事なのです。
              ▪️

「赤ちゃんに抱きぐせをつけてはいけない」と、言う人がありますが、これは間違っています


抱っこされると子どもは「自分は大切にされてる」と感じます
それによって、自己評価が上がります。
 
だから、抱っこは、大いにやったほうがいいのです。
抱きすぎて具合が悪いということは、決してありません。
       
   
▪️

子どもを放置すると、子どもに、強い怒りが生まれます


何かの事情で、抱っこができないとき、赤ちゃんの泣き声は、さらに激しくなります。
このときの子どもの気持ちは、怒りです。
 
子どもを放置すると、子ども側に、強い怒りが生まれます。
放置することが、いかに子どもに強い怒りを生むか、ということはあまり知られていません。
 
子どもの怒りは、暴力を受けた子どもに勝るとも劣らないことが知られています。
 
そうやってずっと蓄積された怒りが、後に、非行や暴力となって表れることもあります。
         
 
  ▪️

子どもの心は甘えと反抗を繰り返して大きくなる


「甘え」とは「依存」のこと、
「反抗」とは「自立」のこと。
 
この二つを行ったり来たりしながら、子どもの心は大きくなっていきます。
 
まず、子どもの心は、赤ちゃんとして生まれたとき、親に完全に依存した状態で生まれてきます。
 
そこで子どもの心がもらうのは「安心感」です。
じゅうぶん甘えて、安心感をもらった子どもには、やがて、もう一つ、別の心が出てきます。
それは不自由です。
 
そうすると子どもは
自由になりたい、と思います。
これが「意欲」です。
 
そこで自立の世界へ向かいます。
 
自立した子どもは自由を満喫します。
 
ところがしばらくすると、もう一つの心が出てきます。
それは不安です。
 
あまり不安が強くなると、依存の世界へ戻ってきます。
そしてまた安心感をもらいます。
 
じゅうぶん安心感をもらうと、また子どもは「自分でやる」と言いだします。
 
自分でやっていると、また不安になって、こちらに帰ってきます。
 
そういうことを繰り返して、自立に向かっていくのです。
 
もし、子どもが不安になって、後ろを振り返ったら、
そこには、ちゃんと親がいて、大丈夫だよ、とうなずいてくれる。
そういう関係を築いていきましょう。
           
   
▪️

10歳までは徹底的に甘えさせる。そうすることで、子どもはいい子に育つ。


子どもにとっても、大人にとっても、
およそ人間が生きていくうえで、甘えは絶対に必要なものです。
 
甘えは、一言でいうと、相手の愛情を求めることです。
 
甘えが満たされるとき、自分は愛されていると感じ、また、
自分は、愛される価値のある存在なんだ、と感じます。
 
相手に対する信頼と、
自分に対する信頼(自己評価)が育ちます。
  それが、安心感に繋がります。
 
相手を信じることのできる人は、思いやりを持ち、深い人間関係を築くことができます。
              ▪️

「甘やかす」と「甘えさせる」は、どう違うのか


「甘やかす」‥してはならない。
過干渉、過保護ともいって、大人の都合で支配すること。
「甘えさせる」‥よいこと。必要なこと。
子どものペースを尊重すること。
 
○ 情緒的な要求(スキンシップや赤ちゃん返り)を受け入れる
✖︎ 物資的な要求(金やもの)をそのまま受け入れる
         

  ▪️

叱っていい子と、いけない子がいる


叱っていいタイプ‥情緒安定タイプ、おおらかタイプ
叱るのに注意が必要なタイプ‥気が小さい子、意地っぱりタイプ
意地っぱりタイプは叱るのではなく、まず、事情を聞くことが大切です。
         

  ▪️

子どもを叱るときに、注意すること


叱るときに、大切なポイントは3つあります。
 
①全人格を否定するような言い方をしない 「おまえは、なんてダメなやつなんだ」
「だいたい、性根が腐ってるんだ、おまえは」
おまえは、○○だ、という言葉は、相手の全人格について言う言葉ですから、使わない。
「○○するのは、よくない」という言い方をする。
 
②何を叱られているのか、わかる叱り方をする
とにかく、親は怒鳴り散らしているけれど、何を怒っているのかわからない、ということがあります。
○○するのはよくないでしょ、と何がいけないのかをちゃんと伝える。
 
③今後、叱られないためには、どうしたらいいか、を伝える。
「今度からは、欲しいものがあるときは、ちゃんと言葉で言ったらいいのよ」
「腹が立ったときは、いきなり手を出さずに、まず言ってくること。そうしたら、ちゃんと話を聞くから」
など、わかりやすく、対処のしかたをきちんと教える。
   
           
▪️

キレない子に育てるには、どういうことに気をつけたらよいのでしょうか


 
答えははっきりしています。
「キレない親になること」です。
 
特に、子どもへの虐待をはじめとして、暴力、体罰を繰り返す子育ては、「キレる子ども」と強く関係しています。
 
自分に都合が悪いとき、注意されたとき、相手が間違っていると思うとき、親が、キレることを繰り返していると、子どもも、親の行動から、こういうときには、「キレたらいいんだ」と学習するからです。
     
   
  ▪️

子が宝なら、母親も宝


  街を歩いていて、母親が子どもの手を引いて、
家へ帰っていく後ろ姿を見ると、
本当に、この親子の未来が、幸せなものであってほしいと願わずにおれません。
 
日本の子育ては、決して悪くなってはいません。
子が宝なら、母親もまた宝。
みんなで、この国の宝を、応援していこうではありませんか。
     
   
  以上が個人的に伝えたい、忙しい親御様に届くと嬉しい抜粋です。
余裕があるとないとでは大きく違うなと育児を通して痛感する毎日です。
全ての親御様が幸せな気持ちで毎日過ごせること願ってやみません。
 
終わり
   

         

いちばん大切なこと。

いちばん大切なこと。
ドロシー・ロー・ノルトさんの著書です。

 
「いちばん大切なこと。」とは、日本の子どもに向けてドロシーさんが詩を贈られたものです。
心温まる詩をシェアしましょう。



 
 


   




  いちばん大切なこと。
 
あのね、ものには順番があるの、自分の番がくるまで待とう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、自分の役目はちゃんと果たそう きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、ひとの役に立ってあげよう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、やると言ったことは必ずやろう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、ひとと一緒に過ごす時間を大切にしよう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、ルールは守ろう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、自分にできることだけを約束しよう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、始めたことは最後までやりとげよう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、あったことはありのままに、ほんとうのことを話そう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、とても大切に思っているよって家族に伝えよう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、間違いや失敗をしてもいいから その間違いや失敗からちゃんと学ぼう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、ひとの過ちは許してあげよう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、正しいことをしそう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、自分の身体を大事にして
身体によいことを実行しよう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、いちばんなりたい自分になるために
いっしょうけんめいがんばろう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  それから、ほら目を大きく開けて
母なる自然の美しい世界をしっかりと見つめよう
きっとだよ
そして、とびきりすてきな自分になろうね!
  この詩が、お母さんやお父さんたちのためにも役に立ちますように。
       
   

▼何を持っているかよりも‥   いちばんすてきな自分になること いちばんすてきなことをすること いちばんすてきなものを与えること   あなたはどんな人間か、どんなふうに生きているか あなたは何をしているか、どんなふうに行動しているか あなたはほかの人にどんなふうに与えてるか   そして最後に、あなたは何をもっているか   あなたがもっているおもちゃやゲームより、あなた自身のほうがもっとずっと大切なのです。 いろいろなものをもっているから、すてきな人になれるわけではありません。             ▼感謝の気持ちを伝えよう   感謝されるって気持ちがいいし、おまけに身体にとってもいいことなのです。 子どもでもおとなでも、人は感謝されたいと思っています。 何かをしてもらったら、相手の心づくしをありがたい、うれしいと思っていると伝えることが大切です。 そうすれば仲良くやっていくことができます。 たとえば家族でも、感謝しあう家族はなごやかになり、家族みんなが気持ちよく過ごせるのです。           ▼子どもにちゃんと教えてあげてください‥ あなたが話したいことは何でも話していいのよ わたしはここにいますからね、と             ▼子どもが良いことや優しいことをしたら たくさん褒めてあげましょう それから ぎゅっと抱きしめてあげてください           ▼子どもへのいちばん大切な贈り物は 支えてあげることです こう教えてあげてください 「わたしがここにいる、いつでも助けてあげる」         ▼子どもを褒める   幼い子どもにお手伝いをしてもらおうと思ったら、きっと親だけでやるよりも余分に時間がかかります。 わたしたち親はそのことを理解し、辛抱強く待たなくてはいけません。 そして子どもたちを、 「すごい、よくやったね」 「すばらしいじゃない」 「ほんとうにすごいな、その調子」 というふうに力づけてあげましょう。 評価されて褒められること、それは子どもが何歳であろうと、子どもの成長に欠かせません。 親の褒め言葉は子どもの心を育む栄養です。 子どもは、自分を褒めてくれる親の姿から、相手のよいところを認めて仲良くやっていくことを学びます。 褒めてあげれば、それだけ、ひとに好かれる明るい子に育つのです。             一部抜粋は以上です。 とても心地いい言葉ばかりで、穏やかな気持ちになりました。 子育ても温かい言葉で不思議と余裕が生まれ、今まで以上に子どものことを見守っていけそうです。 ホッと一息つけるあたたかい本でした。         💁🏼